初診証明と納付要件を満たしていることが必要です。
これが最も大切で、障害年金請求の入り口と言えるでしょう。

困難な時は証拠品提出等のご協力をお願いします。
「誤診も初診」というように、病気の診断名が出ていない時、疑いの時、
病気ではないと処方薬がなかった時、等々が初診日になる場合がありますので、
初診日証明はお任せいただきますようお願い申し上げます。

お医者様の中にも間違われる方がいらっしゃいます。
障害年金の専門家にお任せください。