ある社労士の話。
 「言ってません。」の繰り返し。
 証拠があるので、私の目を見ることが出来ず、うつむいたままー。
 人は臆面もなく嘘がつけるの? と、こちらが落ち込んでしましました。
 彼の気持ちも分からないではありませんが、これからきちんとする、と言えば問題ないのに、と思いました。
 障害年金を業務とする社労士は困っている人に寄り添わなけれがなりません。人間性が業務を遂行するのです。特に精神を病んでいる方には心遣いが不可欠です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする(0)

 彼女は、障害認定基準は満たしているが、20歳前なので所得制限に引っかかり、受給できない方なので、成功報酬が発生しません。それでも、受給権のみでも取得する意義は大きいと思い、申立書作成費として、着手金程度で委託を受けました。

 やっと初診証明、診断書、申立書、上申書、等の請求書類が全て整い、提出するのみとなりました。
 20歳誕生日が障害認定日ですが、認定日請求をしても5年分しか支払われないので、所得制限により全く支給されず、“労多くして実無し”なので認定日請求はしない方がよいと助言しました。
 もっと前に
障害年金を知っていたらと、残念であきらめきれない様子。かわいそうです。障害年金を知らなくて残念に思う方が多く、障害年金専門の社労士としては、もっと知っていただく努力をしなければと思います。
 彼女は素晴らしい才能の持ち主です。素敵な女性です。彼女と何度も会ううちに、すっかり意気投合して、仲良くなりました。これが収穫ですね。
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする(0)

お二人の障害年金裁定請求書を提出してきました。

お一人は、3カ所の病院に、診断書や初診証明を「至急」扱いで書いていただいたので、依頼を受けて2週間で提出にこぎつけました。
早く結果が出ることを祈っています。




    このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする(0)

このページのトップヘ