2月3日節分、久し振りに成田山に行ってきました。
 家内安全はもとより、クライアントの病気平癒を願い、名前を書いて、祈祷してもらいました。
 工事中でかわいい亀さんが見られなかったのは残念でしたがー。
 「幸運のおみくじ」は何と、大吉!!
 受付の方に、「“幸運の” だから、大吉だけなのですか?」 と聞いたら、
「全部!。凶までありますよ。」とのこと。
 幸運に舞い上がりました。
 
 忙しくて、しばらくブログを書く余裕がありませんでしたが、今後は幸運を呼ぶブログを読んでくださいね。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする(0)

 土曜日に来訪の方、「HPの事例集をすべて読みました。」、と言われ、感激しました。
 そして、
自身で請求して不支給になったけど、最初から依頼しておけばよかった、としみじみ言われました。そう、半年間はもったいなかったですね。
 事例集は20例のみにしているのですが、こんなに心に沁みるのならもっと書こうかな~、と勇気をもらったものです。
 さあ、この方が受給できるよう、再請求と審査請求の同時進行で頑張ります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする(0)

 納付要件が無ければ、障害年金はもらえません。
 “納付要件無し”にはお手上げですが、この方(Kさん)はかわいそうでした。

 大学卒業しても就職氷河期で正社員になれずアルバイトの後、派遣会社に就職したのです。ですから、ご本人は厚生年金に加入していたと信じておられました。
 昔、『派遣会社は1年以上雇用する場合、社会保険に加入』、というのを悪用して(?)1年経ったら新規契約にして社会保険に入れなかったのです。
 そこで厚労省が考えたのは、一番大きい派遣会社に査察に入れば他の派遣会社は右へ倣いする、というもの~~。確かH13年6月(不確か)一番大きな派遣会社に2年分の査察を行い、厚生年金保険料のみで3億円請求したー。会社は怒って、訴えると息巻いたものの、12月(不確か)に払ったそうです。《※2か月以上前の保険料は給与から天引きできず、全額事業主負担。》
 この派遣会社の方々は2年前に遡って厚生年金加入となりました。
 しかし、他の派遣会社はこの様子をじっと見ていて、支払いの翌月、つまり遡らず!! H14年1月から一斉に加入の手続きをした、という経緯だったそうです。ですから、KさんはH14年1月から厚生年金保険加入となっていました。本人は、まさか、加入していなかったとは思いもしなかった、とすごく悔しがっておられました。2か月不足だけで、全くもらえないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする(0)

このページのトップヘ